45569
 

JAMI活動縮小のご案内

医療通訳士協議会(JAMI)会員の皆さまに

拝啓 
 初秋の候、皆々様におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

 医療通訳士協議会(JAMI)は、2009年2月14日の発足以来、日本語のできない外国人に対して、日本人と同水準の医療を提供するためには、保健医療分野に造詣の深いプロフェッショナルな通訳士が求められるという共通認識のもと、医療通訳士に対する報酬と身分を保障するための活動を行うことを目的に、活動を続けてまいりました。定期的な総会とシンポジウムなどを開催し、医療通訳の必要性と重要性に関するアドボカシー活動に努めるとともに、2011年3月には「医療通訳士」の商標登録を取得し、2011年7月には「医療通訳士倫理規程」を公表してきました。

 そうした中、2020年オリンピック・パラリンピックの東京開催決定を機に、厚生労働省も医療機関における外国人患者対応の充実に乗り出しました。医療通訳育成カリキュラム基準を定めるなど、まだまだ試行錯誤の段階ではありますが、確実な一歩を踏み出しました。また2016年12月には、医療通訳者による医療通訳者のための団体として、一般社団法人医療通訳者協会(NAMI:http://national-association-mi.jimdo.com/)が設立されました。NAMIには、医療通訳者の地位向上や働きやすい環境つくりを主目的とした当事者団体として、今後の発展が期待されます。その一方で、同時期に設立された国際臨床医学会(http://kokusairinshouigaku.jp/)は、厚生労働省への提言やアドボカシー活動などを通じて、学術的・社会的な立場から、外国人住民の医療環境の改善や整備に努めていく役割を担っています。

 こうした団体が立ち上がり、役割分担ができつつある背景をうけ、JAMIが堅持してきた多様な人々が集うプラットフォーム的な役割に、終止符を打つべきときが来たと考えます。この思いは、先の理事会でも了承されました。そして今後は、JAMIに関わっていただいた理事や会員の一人ひとりが、それぞれの分野において、医療通訳の発展に関わっていかれることを期待しています。

 なお、事務局業務は、引き続き担当者をおいて対応いたします。ホームページ上の情報発信も、1~2年を目処に継続する予定です。ただし、事務局は大阪大学大学院人間科学研究科を離れ、 住所と電話番号は非公開とし、事務局へのお問合せは、ホームページ上のフォームをご利用いただくか、jami.secretatiat@gmail.comに限定させていただきます。

 JAMI会員の皆さま方におかれましても、今回の決定につきまして、ご理解いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。これまで温かなご厚情とご指導をいただきましたこと、この場をお借りして、心から感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

 皆さまのさらなるご発展とご活躍、そして医療通訳士のますますの活躍を期待しております。

敬具

医療通訳士協議会(JAMI)
会長 中村 安秀

2017年9月